スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日本帝国海軍輸送船『武智丸』(コンクリート船)

武智丸は第二次世界大戦中に戦時標準船E型に準じたコンクリート船として建造された帝国海軍の輸送船です。

建造は兵庫県高砂市の塩田跡に新設された武智造船所で行われた。

機関は岡山県玉野市にある三井造船のディーゼルエンジンが搭載されていた。

1944年に竣工し瀬戸内海を中心に使用されていたようですが、南方へも航海した事があるようです。

同型艦は4隻造られたようですが、終戦時に残存していたのは現在も残っている『第一武智丸』と『第二武智丸』の2席だけだった。

現在は広島県呉市安浦町にある安浦漁港の防波堤として余生を過ごしている。


0930.jpg


現在は船尾を突き合わせた形で沈設されている。

写真左側が第一武智丸、右側が第二武智丸


0939.jpg


第一武智丸の船首部分

船首部分は鋼板に覆われている。


0943.jpg


ちょうど干潮だったので普段は水面下にある第一武智丸を側面から


0946.jpg


第一武智丸の船尾にある船室
中央の穴の下は機関室

コンクリートの柱が乱立し、船の中ではなくビルの中にいるようだ。


0949.jpg


上部には船橋があるはずだが、朝鮮戦争時の戦争特需で撤去されてしまったらしい。

見上げると平和な青空が広がっていた。


0951.jpg


こんなところにまで落書きが・・・日本人は平和ボケしてますね。


0957.jpg


プレジャーボートと比べると船の大きさがわかります。


0973.jpg


第二武智丸の船首側


0989.jpg


沈下が進んでいる第一武智丸の破損を防ぐようにテトラポットで防波堤が造られてます。

地元の方に愛されている証拠ですね。


0995.jpg



船の素材としては珍しいコンクリートですが、大戦も末期に近づくと鉄鋼も不足していたことを物語る貴重な生き証人ですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とし坊

Author:とし坊
岡山県に住んでる『とし坊』です。

自然に還りつつある建物(廃墟)や廃車(草ヒロ)を残っているうちに写真に残しておこうと探索してます。

たまに好きな工場夜景も撮りに行ってます。

まだまだ写真は下手なので練習中(笑)

ライトペインティングなる新ジャンルにも挑戦!

ぼちぼちやっていくのでよろしくお願いします。

カメラ
PENTAX
ist DL2→K-7→K-5→K-5Ⅱs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグリスト

廃墟 廃校 煉瓦 レンガ 軍事遺構 草ヒロ 廃線 廃船 風景 夜景 ライトペインティング 廃道 廃医院 

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アルバム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。